Pocket

日々レッスンを受講いただきましてありがとうございます。
第1回のお悩み相談、多くの方にご覧いただきましてありがとうございました!「あるある~」と同じ悩みをお持ちの方にも読んで頂くことができ、嬉しいです。
今回も英語勉強を始めた方から頂いたご相談をご紹介いたします。
第2回目のお悩みは、こちらです!

 

英語を覚えようとCD付きの教材を使って勉強をしてみたり、
外国人講師のオンライン英会話などを受講してたりしているのですが仕事が忙しく、なかなか継続が出来ず、英語を身に付けられません。
先生は、どのように英語を身に付けられたのか教えて欲しいです。

 

仕事や学校、アルバイトに部活、家事に育児…と、毎日やることに追われて継続できない、、というご相談です。毎日あと1時間でも良いからほしい!なんて思ってしまいますよね…。

 

このお悩みに対して、ワールドトークの講師からいただいた回答・アドバイスをそれぞれご紹介いたします♪ぜひご参考ください!
(次回も続きます!)

KANA先生
まずはゴールを明確にすることがおすすめです
英語を使ってできるようになりたいのはなんでしょう?
職場の外国人の同僚と会話できるようになりたい、海外留学に備えたい、英検をとりたい、TOEICのスコアをあげたい、
英字新聞が読めるようになりたい、ビジネスメールが英語で早く打てるようになりたい、英語を勉強するモチベーションは人それぞれ違います。
たとえば、ビジネスメールを打てるようになりたいのに、関係ない旅行英会話を勉強したら、モチベーションは下がります。
忙しいのに、やりたくないことに時間は割きたくないですよね。
自分がやりたいことをしっかり明確にして、その部分にしっかり光をあて、英語を学習していきましょう。
それから、自分にできない量をやろうとするのはやめましょう。
まずは自分ができる量からスタートです。自分で決めた期間、決めた量を続けられたと感じたら徐々に勉強量を増やすことをお勧めいたします。
英語を使ってがんばること、とても大事なことですが、どうしてもできない、と立ち止まったとき、ぜひ日本語で話ができる日本人講師を頼ってくださいね。
ワールドトークには色々なことが得意な講師が大勢いますので、その中から自分に合う講師を選んで英語学習にお役立てください。

AKI先生
「教材は購入したけど、本棚の隅にある」「外国人講師のクラスを受講したけど、毎回内容が分からないまま終わる」…。
こうした声は、ワールドトークで受講して下さる会員様からもよく耳にします。そして、例に漏れず!私も両方とも経験があります^^;
英語を習得するための色々な方法がある中で、この2つの方法について、まずメリット、デメリットを考えてみたいと思います。
①CDについて
[メリット]
  • 通勤しながら、ランチしながら、など「ながら学習」が可能。
  • 繰り返し聴ける
[デメリット]
  • 途中、集中力が欠けることも。→CDの出だしは頭に入るが、途中からのフレーズは入ってこない…
確かに、ながら学習、もしくは隙間時間を利用してできるのは利点かもしれません。そこで、この音声を利用した方法でおすすめな勉強法が2つあります。その1つが、シャドーイング。その名の通り、CDの音声を後追いしながら自分で発音していきます。そしてもうひとつ、自分の声を録音したものを聴く。例えば、ワールドトークのレッスンで学んだダイアログや単語を、自分で発音して録音→聴く。ピッチや癖にいたるまで、なんと言っても慣れ親しんだ自分の声。とても頭に入りやすいです。
(2つめのやり方について、詳しくはレッスンでご説明いたします)
②外国人講師のオンライン英会話について
[メリット]
  • 日本にいながらネイティブの発音に触れられる
  • 場所を選ばず、自分のペースで学習を進められる
[デメリット]
  • 会話や質問の内容が分からないまま終わる
  • 質問したくても、英語で聞くのはまだハードルが高い
「講師の明るい、リズミカルな雰囲気に押されて、分からないままYesで終わってしまった…」といった経験、私もあります^^;
そこで、このデメリットを解消したオンライン英会話の活用方法として、ぜひワールドトークをご利用ください!
日本人講師は、もちろん英語のネイティブスピーカーではありませんが、英会話をそつなくこなすベテラン講師陣です。そして日本人講師だからこそ、質問ができます。もちろん、できる限り英語を使う努力はやはり必要です。でも、ここは聞かなくては!もっと深く説明が聞きたい!ところは納得行くまでお尋ねください。
私はレッスンにおいて、上記以外の方法についても、おひとりおひとりのライフスタイル、お悩みに沿った学習方法をご提案させて頂きます。ぜひご自分に合った方法で、スキルを伸ばしていきましょう!

Mrs.Mangione先生
私は高校生の時に、CD付きの教材やドリッピー等を試した経験があり、全く続かない上に興味がないしつまらない、という状態だった事を覚えています。
私からのアドバイスはオンライン英会話を「授業」というよりは「自分の興味のある事や友達と話す内容を英語でする時間」として考えてみる事です。
何よりも友達と英語で話したり、仕事で英語を使ってお客様や同僚と話す事から英語の発音や単語を増やした経験から私はオンライン英会話だからこそ、友達と話すかのように練習として最近あった事や興味のある事を話す場としてちょっと空いてる時間に活用してみてほしいです!
また、喋るための英語を身につけるのに1番早くて簡単な方法は自分の興味がある事からはじめる事だと思うので、興味のある記事を読む、好きなジャンルの映画を観る、育児について話してみる、仕事の愚痴を英語で言ってみる、など教材や勉強の仕方に悩まずに英語を普段の生活に取り入れる事で忙しい中でもストレスを感じずに継続できるかと思います。

ReikoOK先生
仕事や家事で忙しいい方々は、机に向かって勉強する、という時間を持つことは難しいと思います。そんな方は、出勤の時間、調理の時間、掃除の時間などに、スマホで「NHK語学」のレッスンを聞のが一番!と私は思います。
様々なレベルのレッスンがあり、どれも無料で前の週の放送を聞けます。英語音声を聞き、講師の先生がわかりやすく解説をしてくれます。テキストなどを買う必要もなく、毎日聞き続けるだけで、ボキャブラリーが増え、新しい文法や、最新の言い回しなども学習できます。
覚えた語句や表現を使って、ワールドトークの先生と会話練習すれば、Perfectです!

Haru先生
継続は力なり。
当たり前のようなことですが、これが意外と難しいと思いませんか。やればできるのに、とよく耳にしますが、実際やれていないからできない、向上しないわけですよね。大事なことは周りの意見に流されるのではなく自分に合う方法を見つけること!
まずはここからです。
Speaking, Reading, Listening, Writing、
全てを伸ばしたいから全てに手をつける、ではなく、これもまずは何かに一つフォーカスしてみませんか。例えばReadingにフォーカスするとします。それであればやみくもにたくさんのアプリや本に手を出すのではなく、なんでもいいので一つだけ教材を決めます。私のおすすめは二つあります。
一つ目は、速読英単語という昔からあるシリーズの必修編です。ひとつのお話がほんの数行で構成されていたりします。
これを毎日時間を決めて、1日10分必ずやるとします。一旦決めたらどんなことがあってもこの10分を確保します。だからこそ、30分、1時間と決めてしまうとハードルが高くなり毎日継続できなくなる可能性が出てきますので確実に自分が毎日継続できる時間設定にすることが大事です。
もちろんそれに慣れてあとで調整するのは大いにありです。速読英単語のいいところは左ページの英文の訳が、右ページにそして次ページには各単語の解説が載っていますのでその場ですらすら読み進めながら単語も覚えていけます。同じ文章をすらすら読めるまで5回でも10回でも繰り返して読み込んでみてください。
二つ目はモバイルのアプリですが、POLYGLOTSといいます。
これは、あらゆるカテゴリーの世界の最新記事が読めます。日本語解説などがある記事も多く、またこのアプリの最大の魅力はなんといっても、記事を読み進めながらわからない単語が出てきたらそれを指で押すとその場でその単語の意味が表示されるのです。
継続する、読むのに集中するにはいちいち単語を調べていたら確実に集中力は途絶えてしまいます。継続する、読むことにまずは集中し、慣れる、そのためにはもってこいだと思います。
Readingについて触れてみましたが、もちろん、他の技能にフォーカスするのでも構いません。ただし、まずは英語に継続して触れていく、ならば、背伸びしすぎない、やれることからやり始める、が大事です。
Speakingを伸ばしたいとおっしゃる方が非常に多いですが、それにもReadingやListeningで鍛えていてある程度知識が入っていればいざSpeakingを始めた際の伸びが格段に違います。
継続は力なり。
自分に合った方法、自分が無理なく楽しく毎日続けられる方法を見つけ出すこと。当たり前のことですがなかなか出来ていないことだと思います。これをきっかけに探してみてください。
私のクラス内でもその生徒さんに合わせて一緒に日々の継続方法を考えています。よろしければぜひご相談くださいね。

Akane先生
日本人の英語話者の中には、2つのタイプがあると思います。
一つは、恵まれた家庭環境で、幼少から英語圏で生活したり、もしくは大人になって国際結婚をし、英語圏の国で長い間暮らしていらっしゃる、いわゆるネイティブになることが出来た人と、もう一つは、留学一切なし、日本にいながら英語を習得した所謂、純ジャパ英語話者です。
私は後者の立場として、参考になることがあれば、と思い、アドバイスさせていただきます。
まず言えることは、語学を身に付けるためには、「覚悟が必要」と言うことです。
私が、英語を極めようと決めた時、毎日必ずオンライン英会話を受講する、と言う目標を決めました。365日毎日です。元旦であろうが、熱があろうが、子供に振り回されようが、絶対に例外を作らないのです。
そこで1日30分は勉強したことになります。もちろん、それだけではなく、文法のブラッシュアップや瞬間英作文など、持っている教材を使って自学をしました。
でも、私の中で絶対のルールを決めたのは、「365日毎日、最低30分の勉強」です。
継続できない生徒様達の中には、英語が話せる自分、TOEICや英検などの目標を達成した自分の未来像が明確に見えていないのではないでしょうか?
成功した後の自分を想像することはとても大事です。
その理想像に近づくためには、努力するしかないのです。忙しいのはみんな一緒で、「忙しくて、、、」は単なる言い訳なんです。
人によって努力の仕方は様々ありますが、人間の集中力は30分程度で一旦途切れる為、ご自分の中で、無理のない、毎日できる目標を立てられることが重要になります。
厳しいことを言うようですが、その「覚悟」が甘い英語学習者が多いです。ある日突然英語がペラペラになるなんて魔法はあり得ないので、しっかりと現実を見据え、毎日コツコツと続ける覚悟を持つことから始めてみてください。
語学は生き物です。日々、時代遅れになる言葉があったり、新しく生まれる言葉があったり、講師である私も毎日必ず、仕事以外で英語の勉強を続けています。
まずは、自分に足りないところは何なのかを分析されて、例外を作らない勉強習慣をつけてください。
語学にゴールはありません。でも、自由に操れるようになった自分を想像すると、きっとワクワクされるかと思います。お互いに、日々のトレーニング、頑張りましょう~!