生徒数 14,516人 | 公開講師数 178※2016年7月時点

ワールドトークご利用規約

ワールドトーク利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社ライトアップ(以下、「甲」といいます。)が提供する「ワールドトーク」およびこれに付随するサービス(以下、「本サービス」といいます。)を、ユーザー(以下、「乙」といいます。)が利用するためのルールを定めるものです。
本サービスのお申し込みをいただいた方は、本規約に同意したものとみなします。

第1条(本規約の趣旨)

  1. 乙は、本サービスを利用するにあたり、本規約を誠実に遵守するものとします。

第2条(本規約の変更)

  1. 甲は、乙の了承を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合、本サービスの利用条件は、変更後の利用規約によります。
  2. 本規約の変更の効力は、甲が別途定める場合を除いて、オンライン上に表示された時点より、その効力を生じるものとします。
  3. 第1項および前項の規定にかかわらず、本規約の変更が乙に大きな影響を与えるものである場合、甲は、当該変更内容を乙にEメールにより通知するものとし、当該通知後に乙が本サービスを利用した場合、乙は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第3条(ユーザー登録)

  1. 本サービスの利用を希望する者は、無料電話ソフト(スカイプ)をインストールし、甲が定める所定の方法により、ユーザー登録を行うものとします。
  2. ユーザー登録に際しては、自己の通信環境がサービスの利用に適していることをご確認ください。
  3. ユーザー登録をした者(登録を前提に仮登録した者も含む)は、ユーザー登録を行なった時点で本規約の内容を承諾したものとみなします。
  4. ユーザー登録は一人1回のみとし、同様に無料体験期間も一人1回のみの利用とします。同一人物による複数登録による無料体験期間の不正利用が発覚した場合、甲から乙に損害金を請求し、乙は支払うものとします。

第4条(登録の不承認)

  1. 本サービスへのユーザー登録希望者が以下のいずれかの項目に該当する場合、甲は登録を承認しない場合があります。
    (1)既存の登録者が他の名称で登録しようとした場合
    (2)入会申込の際の申告事項に虚偽、誤記または記入もれがあった場合
    (3)本サービスの円滑な運営を妨げる恐れがある場合
    (4)過去において甲より除名処分を受けたことがある場合
    (5)上記以外の理由で、入会に際し不適当であると甲が判断した場合

第5条(利用開始日)

  1. 本サービスの利用開始日は、甲がユーザー登録希望者に対してEメールにより本登録完了を通知した日とします。

第6条(本サービス提供の期限)

  1. 本サービス提供の有効期限はありませんが、6ヶ月以上のレッスン予約がなされていない場合は、甲は事前の通知なしに、乙の登録情報を削除することがあります。

第7条(返金)

  1. 乙が購入済みのポイントについては、使用、未使用を問わず、甲は返金およびポイントの返還を行なわないものとします。なお乙の通信環境・通信接続や通信ソフトウェアおよび接続状況等の障害により本サービスの利用が困難であった場合も同様とします。

第8条(レッスンの詳細)

  1. 乙は本サービスで銀行振込またはクレジットカードのいずれかでポイントを購入し、レッスン予約時に乙はポイントを消費するものとします。
  2. 乙が予約したレッスンについて、キャンセルフォームよりキャンセルを申し出た場合、甲が事前に定めた期限内であれば、甲は乙に対し、ポイントを返還するものとします。
  3. 講師側の特別な理由で講師がレッスンに出席しなかった場合、または甲の責任によるトラブルでレッスンに不具合があった場合は、甲は乙に対し、甲の定めによる状況の度合いに見合ったポイントを返還するものとします。
  4. レッスンの受講可能時間帯、レッスン時間、受講料などの詳細について、乙は甲のホームページ上で確認するものとします。
  5. 乙の都合でレッスンの開始時刻が遅れた場合も、終了時間は定刻といたします。その場合のポイントの返還は行わないものとします。
  6. クレジットカード決済については、甲が指定する決済代行会社にて決済処理するものとします。

第9条(登録の解除)

  1. 甲は、乙が次の各号に該当する場合には、本サービスの利用を拒否し、乙に対して通告することなくユーザー登録を解除するものとします。
    (1)暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会的勢力であると判明した場合
    (2)甲との取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いたとき、もしくは風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて、甲の信用を毀損し、または甲の業務を妨害したとき、その他これらに類する行為を行なった場合
    (3)甲の従業員その他の関係者に対し、暴力的要求行為を行い、あるいは合理的範囲を超える負担を要求した場合
    (4)犯罪行為に関連する行為または公序良俗に反する行為
    (5)コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
    (6)甲および甲に所属する講師または第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為
    (7)本サービスに関して、講師の契約条件の他、甲が一般的に開示していない機密情報を詮索すること
    (8)講師への嫌がらせや、レッスンの進行を妨げる等のハラスメント行為
    (9)レッスン時間以外に、本サービスが認める方法以外で、乙またはその代理人が講師と個人的に接触しようとすること
    (10)本サービスを本サービスと同様の営業行為、営業目的およびその準備に利用する行為
    (11)ひとつのアカウントを複数のユーザーで利用すること。または、複数のアカウントを一人で利用すること
    (12)講師を本サービス以外に、または甲以外の企業での勤務に勧誘する行為
    (13)他のユーザーまたは第三者もしくは甲および甲のスタッフ・講師への脅迫的な行為、卑猥・猥雑、品性を欠く行為、罵倒する行為、嫌悪感を与える行為
    (14)甲の承認した以外の方法で他のユーザーまたは第三者との間で、売買および金銭的な利害の発生する行為
    (15)甲のカスタマーサポートスタッフへの暴言、またはカスタマーサポート業務を妨げる行為
    (16)本サービスの利用状況を録音または録画して第三者に開示する行為
    (17)その他、甲が不適切と判断する行為

第10条(災害時の対策)

  1. レッスン提供国において突然発生するシステム障害・国内情勢・自然災害等、甲の責任によらない理由で、レッスンの受講が一時的に困難であり本サービスを中断せざるをえなくなった場合、甲は、ポイントの返還や再開の目途を立てるなど、乙と協議の上、解決するものとします。

第11条(責任の範囲)

  1. 甲の都合により乙にレッスンを提供できなかった場合は、甲は乙に当該レッスン分のポイントを返還するものとします。レッスンキャンセルのために乙が被ったその他の損害に対しては、レッスンキャンセルが突然であった場合でも、甲は一切の責任を負わないものとします。ただし、甲に故意または重過失がある場合は、この限りではありません。
  2. 乙の通信機器、回線状況によりレッスンが受けられなかったと甲が判断した場合、甲は乙にポイントを返還しないものとします。
  3. 乙は、自らが講師へ送信またはアップロードしたファイル、動画、画像等について、第三者の著作権その他の権利を侵害しないものとし、甲に一切の迷惑を掛けないものとします。
  4. サーバ接続障害によりサイトにアクセスできない場合、甲はその復旧に努めるものとし、乙の機会損失に対する補償はないものとします。ただし、甲に故意または重過失がある場合は、この限りではありません。

第12条(個人情報の保護)

  1. 甲が知りえた乙の個人情報は、甲の個人情報保護方針に則り運用します。なお、乙が自ら講師個人へ伝えた個人情報に関しては適用されないものとします。

第13条(著作権および所有権)

  1. 本サービスに関わる商標や記載、およびロゴマークについての著作権、所有権は全て甲に帰属します。乙が複製の使用や再配布などを行なうことを禁止します。

第14条(専属的合意管轄裁判所)

  1. 甲と乙との間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を甲と乙の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付則 本規約は2010年12月1日より実施します。
2013年9月1日 改定
2014年2月17日 改定
2014年7月1日 改定
2016年6月1日 改定