Pocket

今回ご紹介するのは高校1年生のAさん。
なんと、CBTで準1級に合格。どのようにして合格できたのか、アンケートに応えていただきました。

(1次試験)
単語は出る順パス単準1級を暗記し、長文は過去問や予想問題を使用して演習を積みました。英作文は自分で解いたものをレッスン毎にHiroki先生に添削していただきました。

(2次試験)
1次合格発表後からの1週間、特に苦手だったナレーションを中心にHiroki先生と練習を行いました。

<Hirokiのレッスンのどこが参考になりましたか>

作文添削のレッスンでは、トピックに相応しい言葉選びや最適な表現、論理展開を知ることができ、本番でも作文が得点源になりました。
2次試験対策の授業では、ナレーション問題の描写をする上で落とせないポイントを細かく教えていただいたため、注意すべき点が明確になりました。

<準1級合格ホルダーとして、今後の学習者にアドバイスをお願いします>

2次試験の対策は、1人で行うよりもプロの先生と練習をしたほうが良いと思います。
また、1次に落ちたと思っても、意外と受かっているので2次の対策は早めに始めるのをおすすめします。
私は試験直前に始めたので、結果的には合格しましたが、もう少し早く始めていればもっと良い点が取れたかなと少し後悔しています。

Aさん、インタビューに回答いただきありがとうございました!

これから受験される方は、諦めずに頑張ってください!
英検対策でお困りの方は、いつでもご予約くださいね。一緒に頑張りましょう!