Pocket

ワールドトークブログ開設第一弾企画として、講師インタビューを行っています。第1回は、イギリス在住のラファエル三恵子先生です。フローリストとしての経験もお持ちのラファエル先生。ワールドトークでも教え方が上手で、会員様にも特に人気の高い先生です。是非先生のインタビューご覧ください。

ラファエル三恵子先生のプロフィールはこちら

まずは簡単に自己紹介をお願いいたします。

在英25年。ロンドンの西200キロにあるブリストルで イギリス人の主人とネコと暮らしています。大学4年生の娘はロンドンで寮生活中です。家は築200年ですが、地震もなくレンガで出来ているイギリスの家は何百年でももつんですよ。家の中の共通語は英語。主人に聞かれたくない内緒話をする時だけ娘と日本語で話します(笑)。

raphael_02

ワールドトークの講師になったきっかけは何ですか?

フローリストとして働いていたのですが体力的にきつくなってきていたので(フローリストのお仕事は見た目は綺麗ですが、実際はお魚屋さんと同じ。寒くて立ち仕事の重労働です!)、別のお仕事を探していた時に立ち上がったばかりのワールドトークの講師募集を見つけました。

raphael_01

オンライン英会話講師をやって良かったことはありますか?

良いことだらけです(笑)。8歳の男の子から70歳のおばあさままで様々な方とお話しできるお仕事は他にはないと思いますよ。魅力的な生徒さんと出会えることは本当に楽しいです。みなさん真剣で、忙しい合間を縫ってレッスンを受けてくださる方達ばかりです。私の方がいつもエネルギーを頂いています。

日本人が英語を覚える上で大事なポイントを教えていただけますか?

英会話について言えば、受験英語で単語をいっぱい覚えても話せるようにはなりません。では、どう学習すれば良いか?

その1:話す時も読む時も英語の構文を常に意識すること。
その2:コロケーションをできるだけ覚えること。
その3:日本語にとらわれないこと。
その4:英語にたくさん触れること。

  1. 英語には必ず主語があって動詞があります。常にこれを頭に入れておくこと!基本中の基本です。
  2. コロケーションとは「この単語にはこの単語がよく使われる」組み合わせです。イディオムともちょっと違います。これを知らないと「体温を測る」と言いたい時に「測る=measure」なので「measure a temperature」 と言ってしまうかもしれません。正解は「take a temperature」です。「薄めのコーヒー」は「薄い=thin」なので「thin coffee」?これも間違い。正解は「weak coffee」です。
  3. コロケーションでも書きましたが日本語にとらわれるとヘンテコな日本人英語を話してしまいます。また日本語では主語を省略することが多いので、英文の場合の主語を見つけることが必須です!
  4. 目からも耳からもたくさんインプットしてください。

最後にワールドトークの生徒様に一言お願いいたします。

プロフィールにも書いてありますが「学問に王道なし」です。英語は実技教科です。テニスでも基礎を教えてもらって練習をたくさん積んで初めて試合ができます。英語も同じです。ワールドトークの講師の先生に、時にはコーチになって基礎を教えてもらい、時には練習試合の相手になってもらって下さい。近い将来、ネイティヴと対戦できる様にお手伝いするのが私達の役目だと思っています。でも自分一人での素振りや走り込みもとても重要です。毎日の基礎練習もお忘れなく!

ラファエル三恵子先生のプロフィールはこちら