Pocket

Hello, English learning students!
It’s time for 猫英会話!

今日は意外に知られていない「とっさの一言」を
どう英語で言うのかについて勉強しましょう。

「とっさの一言」はとても短いフレーズですが、
日常英会話ではとても大切なもの。
この一言を知っているかどうかで、英会話力に差が出てきます。

今日は普段私たちが使っている言葉、
「まじか!」「うわっ!」「もぉ!」などに
焦点を当て勉強していきます。
では早速バイリンにゃールズ達と一緒に見ていきましょう!

 

驚いた時に言う「本気で?!」や「マジか?!」は
英語でたくさん言い回しがありますが、
「Seriously」が一番応用が利くと思います。

 

日本語では驚き以外に「本気で/マジで」は
強調の意味でも使われますよね。

このように強調の意味で使われている「本気で/マジで」も
同じ「Seriously」を使って表す事が出来ます。

この映画マジで面白い!
This movie is seriously funny!

 

このラーメン本気でおいしい!
This Ramen is seriously good!

Seriously 」の代わりに「Really」でもOKですよ。

 

イライラした時などに言う、「もぉ!」は
英語で「Ugh!」と言います。

 

ちなみにイライラした時の「キー!」は
Grrr!!」と表す事もできます。

もぉ!一人で寝たいのに!
Ugh! I want to sleep by myself!


あーもぉ!ここは私の場所!
Grr! This is my space!

 

万国共通の表現である「驚き」は
Wow」だけではありません。
他の表現として「Whoa」があり、
日本語で言う「うわ!」や「おぉ!」になります。

ぅわ!そこに立っていたの知らなかった!
Whoa! I didn’t know you were standing right there!

 

不意を突かれて驚いた時などに言う
「え、何なの?!」は英語で
What the…」を使って表す事ができます。

例えば、
ゴロゴロ、スリスリしてきた猫が
いきなり「シャー!」と言って来た時(ありますよねー)に
What the…」を使って以下のように言えます。

何?!私が何したっていうのよっ?!
What the…! What did I do to you?!

 

「What the」で止まっている理由は
「The」の後に名詞を入れる事で
日本語で言う喧嘩腰の「何だってんだよ」など
とてもキツイ言い方になるからです。

「The」の後にバットワード(Bad words)以外の
単語を入れれば問題ありませんが、
「The」で止めるのが無難です。

他の表現として「What on earth」があります。
「On earth」が「What」の後に続く事により強調の役割をしています。

え?な、なに?!
What on earth?!

 

何なの?どうしたのよ?
What on earth is going on here?

 

 

いかがでしたか?
是非今日から上記の「とっさの一言」を
普段の生活に取り入れて練習してみてくださいね!

 

へー!って思ったら「いいね」してね!

 

 

こちらも是非チェックしてください↓

Instagram 英会話教室

猫英会話教室(@english_with_bilingualcats
犬英会話教室(@english_with_bilingualdogs

ブログ
Catchy Business
http://catchy-business.com/