• JPX
  • Pmark

英検講師インタビュー

英検講師インタビュー 第7回:Nobu先生

英検対策が得意な講師21名にインタビューしました!
第7回はNobu先生にお話を聞きました。

Nobu先生

Q. Nobu先生が考える英検取得のメリットは何ですか?

英検は読む、書く、話す、聞くを総合的に勉強しなくては合格できない試験です。
日本ではまだまだ知名度の高い英語試験で、入試や教員採用試験でも取り入られております。
英検1級、準1級を最終目標にお勉強して頂ければ英語のお勉強の指針になるのはもちろん、英語力のレベルアップにたいへん役立つ試験だと思います。

私もそうやって中学校から社会人まで英検を受験して参りました。
英語のお勉強のモチベーションを維持するのにも大変役立つ試験だと思います。

Q. 英検の合格のためにどのくらい学習が必要だと思いますか?

英検の級によって難易度はかわってきますし、受験者様の現在の英語力にもよるかと思いますが3か月~6か月は準備期間にされたほうが宜しいかと思います。
まずは合格されたい英検を実際に受験され、現時点での英語力を客観的に分析し、そこから学習スケジュールを考えて頂くのがベストかと思います。

Q. 先生がご自身も行っている効率的な英検学習方法は何ですか?

過去問を解いて問題形式に慣れることとレベルにあった教材(ニュースウェブサイト、時事雑誌、ペーパーバック、映画、Youtube)などを利用し、常に英語に触れることを意識すること。
また単語と熟語に関しては市販されている各級の単語帳を利用して覚えることです。

Q. 英検の試験勉強においてモチベーションをどのようにあげますか?

ゲーム感覚で英検を各級クリアしていくこと。
いつまでにどの級に合格するという強い目標を持つことが大事かと思います。

英検は毎年数回受験できる試験です。
不合格になってもあきらめずに勉強をすれば必ず合格できる日がやってきます。
また英語を使って将来何をしたいかというクリアビジョンもしっかり持っておくことも大事かと思います。

Q. 英検受験される生徒様のよくあるお悩みと、その対策方法は何ですか?

多くの学生様と英検2次試験の練習をさせて頂いておりますと試験官からの質問に対して自分の意見とその理由を述べることが難しいといったお悩みを頂きます。
英検2次試験では、社会、経済、環境などの幅広いジャンルが出題がされます。
まずは日本のニュースを数多く観て、自分はそのトピックについてどのような意見を持っており、その理由はなぜなのかを頭の中で考えるクセをつけて頂けたらと思います。

Q. Nobu先生は英検合格したことで、その後何か良かったことはありますか?

何よりも最終目標である英検1級に合格したことで、自分の中で「日本では英語がある程度できる。」と思ってもいいのでは。。。と考えられるようになったこと。
また何回も不合格になっても継続して受験して合格したことは「自分でもやればできるんだな。」という強い自信、自己肯定につながりました。

そしてこのようにワールドトークの講師をさせて頂き、多くの日本人の生徒様に少しでも自分の経験、知識をお伝えさせて頂き、皆様が英検合格の報告を私にして頂けるのが1番良かったことです。

Q. 最後にNobu先生のレッスンではどのようなレッスンをされていますか?

基本的には英検2次試験をメインにレッスンを行っており、まずは試験の形式に慣れて頂き、各パートの答え方のヒント、アドバイスをさせて頂いおります。
その中で、沢山の言い回しや単語などを学んで頂き、あとはアウトプットを繰り返すのみです。

1次試験の対策は基本的には過去問を利用して空所穴埋め、長文読解、Eメール文を解く際のコツやアドバイスをさせて頂き、音読をしながら、分からない単語や熟語をピックアップして頂き語彙強化を図っております。

Nobu先生ありがとうございました!

Nobu先生のプロフィールを見る

英検対策が出来る講師のインタビューはこちら

21名もの講師の方々にインタビューに協力いただきました。
英検受験をお考えの皆さまの役に立つ情報が沢山ありますので、是非ご覧ください!

それぞれの講師が、自分の英検対策における意見やポリシーを持ち、指導を行っています。
気になる講師がおりましたら、是非講師のプロフィールも確認ください。