• JPX
  • Pmark

英検講師インタビュー

英検講師インタビュー 第9回:ユミ・ソレンセン先生

英検対策が得意な講師21名にインタビューしました!
第9回はユミ・ソレンセン先生にお話を聞きました。

ユミ・ソレンセン先生

Q. ユミ・ソレンセン先生が考える英検取得のメリットは何ですか?

私の英検やTOEICテストに対する考え方やその思考はおそらく他の先生方のとは少しかけ離れた所にあると思います。
それは、私は語学はあくまでコミュニケーションの手段の一つと考えているからです。

そしてその「コミュニケーション」も言葉の交換と言う浅いレベルではなく、お互いの心、意思、思想、観念、などを微妙に、しかも正確に伝達する、という領域を基本としてその上で語学が成立している、という見解から指導させていただいてます。

英検取得のメリットは、(私の指導は)従って、英語を使ったコミュニケーションの楽しさを学習できる、英検に出された長文、パッセージの内容を楽しんで読めるようになる、それに対して自分の意見を持てるようにもなれる点にフォーカスを置いています。
語彙・表現法強化は文章を読んでディスカッションをする際に覚えて学習する形を取っています。
英作文の部門に関しては、アメリカ高校・大学レベルのTemplateを使用して指導しています。

Q. 英検の合格のためにどのくらい学習が必要だと思いますか?

これは生徒さんと英検のレベルによってまちまちかと思います。
すでに英語に慣れている生徒さんならばそれ程英検のために勉強する事なく受けて合格する事も可能です。
英語に慣れていない生徒さんの場合は毎日コツコツと勉強する必要があると思います。
時間は多ければ多い程合格に近くなるのではないでしょうか。

Q. 先生がご自身も行っている効率的な英検学習方法は何ですか?

英検学習法というより、英検を教えるための効果的な方法を常に研究しています。私の原点はいつも「楽しく学習する」にあります。

Q. 英検の試験勉強においてモチベーションをどのようにあげますか?

英検問題を見ると一目瞭然ですが、英検の内容はいつもアカデミックなものに絞られています。
なので、毎日ただルーティンをこなすという生活様式を見直して、自分の身の回りの出来事、日本や社会情勢に常に興味をもち、正しいニュースに目を止めて、それに対して知識を得て自分の考えを持つ姿勢を作る事が重要だと思います。

特に作文に関しては、社会・科学などの知識がないと、内容面でかなり減点されることになりかねません。
語彙強化に関しては、多ければ多い程、読む時に楽に読めるし、またストーリーの内容が理解できると読むのが楽しくもなります。
この文にいったい何が書かれてるのか知りたい!という気持ちが起きてきます。
これがモチベーションに繋がっていきます。

Q. 英検受験される生徒様のよくあるお悩みと、その対策方法は何ですか?

それはやはり語彙の少なさと、文法、長文を読んでも内容が頭に入ってこない、という点につきます。
文章を書くのはやった事がないので、どこから始めたらいいのかわからない、というのも悩みの一つのようです。

Q. ユミ・ソレンセン先生は英検合格したことで、その後何か良かったことはありますか?

アメリカ社会で生活しているので、英検やTOEICの合格や資格は一切関係ありません。

Q. 最後にユミ・ソレンセン先生のレッスンではどのようなレッスンをされていますか?

これまでの回答と重複してしまいますが、私の得意とする点はイメージ・リーディングです。
文章を短く切って、文頭からイメージを作って読んでいきます。
日本語で小説を読むように文のイメージが目の前で展開する、という仕組みです。

いわゆる「日本語訳」は一切しません。逆読み(文のお尻から読む方法)もしません。
内容についてディスカッションをします。
最後に語彙テストです。

そのため、私の教授法は英検を受験のためや会社の昇級のためだけに受ける生徒さんには向いてないかもしれません。
点数をただ上げるだけでいい方には、そういう教え方のベテランな講師さんをお勧めします。

ユミ・ソレンセン先生ありがとうございました!

ユミ・ソレンセン先生のプロフィールを見る

英検対策が出来る講師のインタビューはこちら

21名もの講師の方々にインタビューに協力いただきました。
英検受験をお考えの皆さまの役に立つ情報が沢山ありますので、是非ご覧ください!

それぞれの講師が、自分の英検対策における意見やポリシーを持ち、指導を行っています。
気になる講師がおりましたら、是非講師のプロフィールも確認ください。