すきま英語

Couch potato = ソファの上の芋

もうすぐ、ここフランスでは楽しい、おいしい日がやってきます。
冬至の40日後にあたる2月2日、「シャンデル-ル・聖母マリアの清める日」、Fête de la chandeleurです。

フランス語のfévrier(2月)という言葉は、ラテン語の「febuare(清める)」という動詞で、この動詞は「feu nouveau(新しい火)」 と言う言葉とも関連しているそうです。
2月は自然が清められ、寒い冬を乗り越え、萌え出ずる春への再生準備がこっそり始まる時期と考えられていたそうです。
すべてを清める火で新しい季節を迎える。そのお清め的な考えに、キリスト教の贖罪の思想が合体して、ろうそくを灯し、この日を祝うようになったそうです。

ろうそくはフランス語で「chandelle(ろうそく)」、ろうそくを灯してお祝いする日なので、Fête de la chandeleur、別名「ろうそく祝別の日」とも言われています。
この日にはクレープを食べるのですが、クレープの形と色が太陽を思わせ、自然の暖かい恩恵と結びつくからそれを食べるでしょうか?

では、さくっとレシピをご紹介。
生地が結構液体状態なので、こげないようにご注意。

1年の幸せを願いながら、みんなで楽しくクレープを食べましょう。

ABOUT ME
Masami
英語磨きのヒントや、おすすめ教材&学習法を英語大好き人間の皆さんにお届けしていこうと思います。 また、現在住んでいるフランスを中心に、海外生活、海外風景、海外食文化も発信していくつもりです。 長い海外生活で感じたり、見たりした ”お国が変われば、人間気質も、美意識も、食文化も違う” 、そんな文化比較論みたいなことにも触れてみたいと思います。

先生と会話してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です