生徒数 30,220人 | 講師数 313※2021年7月時点

Akila先生のプロフィール

Akila先生

Akila先生

  • 必要ポイント 780pt
  • 出身国 日本
  • 居住国 日本

講師情報

大学・専攻 北欧文学/デンマーク語
日本語 問題なく会話が可能
性別 男性
血液型 O型
誕生日 02月14日
興味のある事
映画・DVD
音楽・ライブ
スポーツ
アウトドア
旅行
ボランティア
政治・経済
外国語
家族・子育て
検索タグ
レッスン時間帯
平日8時~14時台
平日20時~24時台
対応年齢
中学生
高校生
大人

自己紹介

レッスンのモットーは【歌うように♪英語を話す】&【替え歌のように♪柔軟に】です。本当に歌を歌うわけではありませんが(笑)。英語を覚えて学ぶのではなく、ごく自然に習得したい方、待っています!

自己紹介

こんにちは。
「英語は好きだし、習得したいけど、時間もかかるし、文法も複雑だし、覚えることも多いし、そこがネックになって一歩踏み出せない」こう思っておられる方は多いのではないでしょいうか。
僕のレッスンでは、英会話を楽しみながら、とにかくプレッシャーを感じないように、自然にマスターしていくことに心がけています。

★Akilaのレッスンのポイント★

<英語は世界で最も話されている言葉/There’s no such thing as THE ENGLISH.>
私は日本人ですし、母国語は日本語です。当然のことですが、ネイティブの方々のように英語を使いこなすことはできません。
また、ネイティブ英語と言っても、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、フィリピン、シンガポール等々、実に様々な国の方が英語を母国語や公用語として話しておられますし、それぞれ発音、表現なども異なり、ネイティブとされている方々同士でも、国が異なれば話しの意味合いを確認しなければならないこともあります。

また、これまで実に多くの国々の方と英語で話し、そうした方々の英語を聴いてきた中で、英語は母国語が異なる人同士がコミュニケーションをとるために使っている言葉であることを実感しています。
韓国の方、フランス語圏の方、中国語(北京語・広東語)圏の方、スペイン語圏の方、デンマークの方、そして日本人の方等々、それぞれ独特なアクセントや発音で英語を話されます。でも共通しているのは、みなさん英語を話しておられ、ちゃんと思いを通じ合わせているということです。

例えば、英語の発音についても、ネイティブの方のような発音になっているかという視点ではなく、英語を話す多くの世界の方に聴き取ってもらえるのかという視点で聴いています。(私がどのような発音で英語を話しているかは、紹介動画をご覧いただきたいのですが、一人の日本人が多くの方々と英語で話す中で見に付けた発音となっています。)

そこで行きついたのが「There’s no such thing as THE ENGLISH.」「これぞ英語」というものはなく、英語は実に様々な人によって、様々な形で話されているということです。私は、そこを強く意識してレッスンに臨んでいます。

<微妙なニュアンスを伝える>
英語では、馴染みのある単語を使って(組み合わすことで)様々な思いや意思を伝えることができます。何気ない日常会話、ビジネスシーンなどいろいろな場面で、「こういう言い方をすればいいんだ!」という気付きをしていただくことを意識しています。様々な表現を積み重ねることによって、より細かなニュアンスを伝えられるようになっていただきたいというのが私の願いです。

<教えるのではなくシェアする>
これまで、多様な年齢層の方々のための英会話講座、ラジオ英会話などの講師を務めて来ましたが、その中で大切にしているのは、「英語を教える」という立ち位置ではなく、皆さんと、これまで私が身につけてきた英語を「シェアする」ということです。
Worldtalkには、素晴らしい講師の方々が在籍しておられ、実に多様な方法で受講者の皆さんと向き合っておられます。私も、そんな方々の仲間入りをさせていただけるよう、精一杯取り組みますね!


そこで、アドバイスが二つ!!

【歌うように♪英語を話す】
皆さんどなたでも歌を歌いますよね?何気ない日常の中で気づかないうちに好きな歌を口ずさんでいることはありませんか?
なぜ、何気なく歌を口ずさんでしまっているのでしょうか。それは、その歌が好きで、何度も声に出して歌ってきたからです。
そうなんです!英語も同じで、歌うように習得すればいいんです。英語の表現を、歌うように何度も何度も声に出して言う。声に出すことが大切です。
英語には歌のメロディーのようなアクセントや抑揚があります。それに合わせて、一つの表現を何度も何度も声に出しているうちに、知らないうちにその表現が頭の中に刻み込まれます。そうすると例えば歩いていたり、掃除をしていたり、何かをしていたりするときに、その表現がふと頭に浮かんで来るようになります。そのときもう一度、頭に浮かんだ表現を声に出して言ってみてください。そうなったら、もうその表現を習得したのも同然です。
そう、覚えようとしなくてもいいんです。声に出して言うことで、歌を歌うように英語は習得できるんです。

【替え歌のように♪柔軟に】
それともう一つ。
皆さんは替え歌を歌ったこともありますよね?ご存じのように、歌詞の一部を他の言葉に替えて、同じメロディーで歌うのが替え歌です。
英語も同じです。一つの表現の中の言葉や単語を別の言葉に入れ替えるだけで多様な表現へと広がります。
一つの例ですが、住んでいる自分のまちを言い表したいときに、
This is not the only thing that makes our town special.という表現を使うとします。直訳ですが「これだけが私たちの まちを特別なものにしているのではないのです」という意味です。
この表現の中の最後のspecialを、beautiful(美しい)、unique(他に例がない、独特な)、famous(有名な)に置き換えれば、異なった意味が伝えられます。
このように、一つのキーとなる表現を習得すれば、単語を入れ替えることで広がりのある言い回しもできるのです。

つまるところ「歌が好きな方は、英語も好きになれる」とでも言いましょうか。
歌を歌うように英語を学べば、覚えることに執着し過ぎることもなく、無理なく習得できるようになります。
実は、他にもお伝えしたい効果的な英語の習得法はあるのですが、他はレッスンの中で皆さんにお伝えしますね。

★経歴等
僕の出身は「飛騨高山」で、今も住んでいます。
2021年3月まで、故郷の高山市役所で働いていました(そうです、退職したんです)。

英語の最初の出会いは、前述の例にあるように、英語の歌詞のある洋楽でした。英語の歌詞を聴くのと合わせ、その意味を考えながらよく口ずさんでいました。
そのうち他の言葉にも興味を持つようになり、行きついたのがデンマーク語でした。

大学生のころは、僕にとって英語は第二外国語で、デンマーク語が第一外国語だったのです。ただ、何語であれ、様々な文化的な背景を包含している言葉そのものには興味を持っていました。また、若いころにデンマークで1年間を過ごした時には、特に英語の必要性を肌で感じました。

実は北欧やデンマーク語が好きだったこともあって、一応、真面目に勉強した結果、それが認められデンマーク政府からの奨学金を得て、1年間でしたがデンマークに留学をすることができました。
余談ですが、その時に様々な国からの人に出会うことができたのが、国際理解をライフワークにしたいと思ったきっかけです。

さて、本格的に英語にとりかかったのは、東京の小さな商社に就職して貿易を担当し始めてからのことです。取引先との電話や文書などでのやり取り、取引先が訪日した際のアテンド、商談など、日常的に英語を使うことになっていたので、社長から「英語をマスターしなければ給料減るから、、、」と言われた時には、まだ若かったこともあり、数年間、正直に毎日欠かさず英語を学びました。そうした状況に置かせてもらった社長には密かに感謝しています。

その後、縁があって飛騨高山に帰り、高山市役所に務めるようになってからは、高山市の姉妹都市であるアメリカコロラド州のデンバー市などといった海外の都市との交流や国際理解推進に16年間携わり、他の部署で地域振興を担当した後の最後の10年間は海外戦略の部門の責任者として、国際交流に加えて、海外からの誘客や海外への物販を担当しました。
それを合わせて26年間、英語を使って、実に様々な機会で様々(英語圏ばかりではない)な国の方とお話しし、高山をご案内し、通訳も務めました。そうしたことを、生まれ故郷の高山で経験できたことは僕の宝物です。

まさに僕自身のライフワークとしている国際的な活動を通して得た経験や知識に裏打ちされた、様々な機会で使える実用的な英語(習得法)をレッスンをとおして皆さんに伝授いたします。

※どんな仕事をしていたのか、紹介できるURLがありますので、良かったらアクセスしてみてください。
https://www.yamatogokoro.jp/column/inbound-seminarreport/41066/

★レッスン可能時間帯
基本的に、月曜から土曜の午前中、20時から23時の間にレッスンを実施する予定です。

★レッスン内容
〇得意分野・レッスン
・フリートーク(初級・中級)
 余暇の過ごし方、旅行体験、学校での出来事、時節に合った話題等々、いろいろな内容についてざっくばらんにお話しをしましょうね。話題についてお話し易いように、うまく話題をふりつつ臨機応変に進めますが、そんな中でも、キーとなる表現を見つけ出して、後で役立つような英会話が学べます。

・日常会話(初級・中級)
 基本的にはテキストを使って進めます。例えば、getやmakeなど簡単な単語も場面によっては色々な用法や表現があることや、英訳しにくい日本語(よろしくお願いします等)の表現などなど細かな内容にも配慮しますので、実際の会話で役に立つ英会話が学べます。

・基本的なビジネス英語(基本的なビジネス英語を学びたい方)
 基本的にはテキストを使って進めます。「お疲れ様」「お先に失礼します」といった何気ない職場での会話の表現。「上司に相談してみます」といった取引き相手に伝えるための表現など、簡単なフレーズを使って役に立つ基本的なビジネス英会話が学べます。

・おもてなし英語(海外からのお客様の接客に携わっている方)
 基本的にはテキストを使って進めます。宿泊施設、飲食店、商店等で海外からのお客様をお迎えして、接客する時に使う基本的な表現から、もう一歩進んで、お客様に安心感やリラックスした雰囲気が伝わる表現など役に立つ英会話が学べます。

※上記の内容のいずれかをご希望の方は、必ず予約時のメッセージで内容を送ってくださいね。

〇テキスト
 テキストは私の手作りとなります。基本的に受講者の皆さんのレベルやニーズに合った内容となるように努めますので、事前にどのような内容を学びたいかお知らせいただけると大変助かります。

〇進め方
 英語で進めることを基本にしますが、表現の違い、文法など、必要に応じて日本語で説明しますので、ご安心くださいね。

~レッスンでお会いできることを楽しみにしていますね!!~


講師紹介動画


事務局コメント

明るく、外国人のような雰囲気と穏やかな話し声が特徴的なAkila先生。長年「教える」ことに従事し、ラジオで英会話レッスンの番組を持っていた経験もあります。楽しい雰囲気の中、とてもわかりやすく丁寧に教えてくれます。楽しみながら、しっかりと力をつけていきたいと考えている方におすすめしたい先生です。

■レッスン受講者の声
・英語もご見識も卓越された先生だと感じました。会話を上手くリードして下さったので、スピーキングのとても良い練習をさせて頂く事が出来きました。温かい雰囲気の中で楽しく学ぶ事ができました。

・ワールドトークに登録して初めての先生でした。初心者なので、英語を発することは恥ずかしくミスが怖いと思っていましたが、『相手はあなたの英語のミスを探して話を聞くわけではない、理解しようと話を聞いてくれる』と言われて、すっと心が楽になりました。拙い私の発音等も褒めてくださり、モチベーションが上がりました。棒読みになりがちでしたが、先生につられて、少し感情込めて話すことができました。これからもご指導いただきたいと思いました!

・とても素敵な方でした。私のしていることに本当に興味を持って聞いていただきました。これからもリピートしていきたい方でした。ありがとうございました。

・男性の講師の方は少し緊張しますが、全然違って優しく話易くて逆に裏切られました。とても有益でした。

Akila先生のスケジュール

  • 時刻はすべて日本の現地時間で表示しています。海外在住の方はご注意ください
  • 時刻は24時間表記です。(例 09:00→午前9時 21:00→午後9時)
  • 予約はレッスン開始3時間前までであれば受け付け可能です。
  • またキャンセルはレッスン開始2時間前まで受け付け可能です。

Worldtalkご利用ガイド シンボルマーク

ご利用の際のお困りごと、疑問にお答えいたします。