生徒数 14,516人 | 公開講師数 178※2016年7月時点

マイケル(マイケル&ゆかり)先生のプロフィール

マイケル(マイケル&ゆかり)先生

マイケル(マイケル&ゆかり)先生

  • 必要ポイント 650pt
  • 出身国 アメリカ合衆国
  • 居住国 日本

講師情報

大学・専攻 ダラスコミュニティカレッジ
日本語 全く出来ない
性別 男性
血液型 不明
興味のある事
検索タグ
講師登録日 2014年10月10日

自己紹介

Three main factors make learning and communicating in English difficult for native speakers of Japanese; Factors that only those proficient in English are aware of an can address.

*proficient [pro'fi·cient || prə'fɪʃnt]
adj. 熟練の, 熟達した

1. The subject, noun and verb are in different places within English and Japanese sentences; causing an awkward reversal of subject noun and verbs, when translating the Japanese thought into an English sentence; Resulting in communication that makes little or no sense.

2. The preposition, "to", the pronoun "it" and the articles, "a", "an" and "the", are often omitted from the simplest sentences when their inclusion is essential to English communication; Both written and spoken.

*omit [o·mit || ə'mɪt]
v. 省略する; 落とす; 抜かす; …しそこなう

*simple [sim·ple || 'sɪmpl]
n. 単元; 単体; 薬草製剤; 身分の低い者
adj. 単純な; 簡単な; 容易な; 簡素な; 淡白な; 地味な; 純然たる; 普通の; 純粋な

*inclusion [in'clu·sion || ɪn'kluːʒn]
n. 含有

*essential [es·sen·tial || ɪ'senʃl]
adj. 本質の; 完全な; 絶対的な; 必須の; 主たる

3. The tenses, essential to conveying past, present and future, are also often misused or omitted completely; leaving the listener or reader confused as to the time frame.

And to inadvertently hinder their own development and perpetuate these problems, the Japanese student of English, either completely avoids or makes very limited use of, the non Japanese speaking, English teacher. And however understandable this is, given the extreme difficulties for both student and teacher, avoidance is not in the student's best interest.

*inadvertently
adv. 不注意にも; 偶然に

*development [de'vel·op·ment || -mənt]
n. 発達; 展開; 発育; 開発; 開拓地

*perpetuate [per'pet·u·ate || pər'petʃʊeɪt /pə-]
v. 継続させる

*hinder [hind·er || 'haɪndə(r)]
v. 妨げる; 遅らせる

*avoidance [a'void·ance || -dəns]
n. 回避; (法律)取り消し

"Learning isn't child's play. There are mistakes to be made, and experience and understanding to be gained; All of which are essential to, and part of learning." ~ Michael L. a.k.a GoodGuyMichael

日本人が英語を学ぶ上で、3つの困難の原因となるものがあるようです。皆さんが英語を堪能に話すためには、それを理解しておくとよいでしょう。

1、英語と日本語は語順が違います。英語は主語の次は動詞がくることを、もっと意識しましょう。多くの人が気づかないうち語順を逆にしてしまい、ぎこちない英語で話しています。

2、前置詞”to", 代名詞"it", 冠詞”a" "an" "the" を省略して話してしまいます。これらはとても重要な単語なので、省略するべきではありません。

3、時制(現在、過去、未来)が間違って使われています。ネィティブスピーカーが聞くと、混乱してしまいます。


 ネィティブスピーカーとのコミュニケーションを避けたり、無難な言葉のみで会話をすませようとすることは、個人の英会話能力を向上させる妨げになり、間違いを繰り返すことになります。

”Learning”ということは簡単なことではありません。間違いから学ぶことは沢山あるのです。

  マイケル ランジ




事務局コメント

2011年オープン当初より、マイケル&ゆかり先生として活躍されていた、マイケル先生です。日本語での対応は難しいですが、英語漬けになりたい、という方は必見!

■レッスン受講者の声■
・どんどん話をしてくれてとても親切で勉強になりました。

・やはりネイティブの人の英語も聞かないとダメですね、と思いました。こんな表現いいの?という表現もあるのですが、それはネイティブならではだと思いました。沢山話してくれるので、例え100%分からなくてもなんとなく分かったリスニング強化に良いと思います。

マイケル(マイケル&ゆかり)先生のスケジュール

  • 時刻はすべて日本の現地時間で表示しています。海外在住の方はご注意ください
  • 時刻は24時間表記です。(例 09:00→午前9時 21:00→午後9時)
  • 予約はレッスン開始3時間前までであれば受け付け可能です。
  • またキャンセルはレッスン開始2時間前まで受け付け可能です。