Pocket

テキストじゃなく、自然におしゃべりしながら英会話力がアップするようなレッスンないかなあ、と思われる方も多いでしょう。フリートークのレッスンはまさにこのカテゴリーに入ります。

 

あくまで私見ですが、フリートークで受講される方には5文型のセンテンスをなんとか(楽々でなくて構いません)自分で展開できる力が必要となってきます。また、学校英語でいうと、中学2年くらいまでの文法の知識はあるとよいでしょう。短いセンテンスばかりで構いません。でも、can/may/shouldなどの助動詞や時制が過去・現在・未来で使えるようになっていると、ずいぶん話せる内容の幅が広がってきます。

 

さて、フリートークというと悩んでしまうのがその話題(topic)です。

 

私は基本的に聞きたがりのしゃべりたがりなので、あんまり気まずい雰囲気のレッスンになった経験はないのですが、「やばいぞ!」と感じたことはあります。関西人としては話し相手が「沈黙」したり「笑顔が見えない」なんていうのは相当な罪作りなのでそこは結構気にしています・・・。

 

お互いよく知らない者同士が会話を始めるわけですから、初めは無難なtopicが失敗ないでしょう。これは初対面の外国の方とお話するときにも応用できますね。

① 好きな季節とその理由

② 出身地(またはお住まいの地域)の特徴やよく知られているもの

③ 一番楽しかった○○(夏休み、とかお正月、旅行など)

④ なぜ英語を学んでいるのか

⑤ パソコンをよく使うか

⑤ 他に学習したことがある言語/行ったことがある国

⑥ 趣味や好きなこと

 

マナーなので、年齢や家族構成などはまず聞きません(もちろん、受講者さんが事前にお知らせくださっていれば問題ないですね)。

でも、初回レッスンで緊張されている場合、こちらから”How are you?”と声をかけると”How old are you?”と聞き間違える方が少なからずいらっしゃいました。堂々と年齢を教えてくださって、恐縮してしまいました!

意外かもしれませんが、趣味はお聞きしないこともあります。昨今はお忙しい方も多いですから「う~ん、趣味とか考えている時間はなくって」と返されてしまうこともあります。

私も子育てが始まってからは「自分が好きなこと」が何だったかなんて忘れてしまっていた時期が長くありましたから、そんな状況で「ご趣味は?」なんて聞かれてもなんだか悲しい気持ちになるばかりで・・・。

あ、ごめんなさい、つい自分のことを思い出しました。

 

さて、もう少し慣れてきたら以下のようなtopicもいいですね。

⑦ 休暇の予定や週末にしたこと

⑧ 健康のためにやっていること

⑨ 夏休みの宿題の思い出

⑩ 料理をするか/好きな食べ物

⑪ 子ども時代、新学期で嬉しかったこと(新しい文房具とか給食とか)

⑫ 最近がんばっていること

⑬ 買い物(よく行くお店、値段、その他)

⑭ 最近見た映画について

⑮ メディアで耳にしたトピック(時事、芸能、スポーツ、タウン情報などなど)

 

⑭の「映画」(本でもよいですが)、簡単に登場人物やあらすじを描写していただきます。

皆さん、あらすじを話すのって得意ですか?私は日本語でもかなり不得意です。なぜでしょうね。全くその話を知らない相手に筋を話すのですから、これはもう、ストーリーテラーの域ですね。やはり才能は関係してくるかもしれません。

でも、時系列に沿って簡潔に話すのは大変よい英語学習になります。これについてはまた機会を改めて、一緒に考えたいと思います。

 

⑮は難しそうですね!単語が分からないなあというときはぜひ英語のニュースサイトをのぞいてください。国内の話題ならなんとなく「あれってこういうのかな」と勘が働くものです。

 

最後に・・・「見てみて、こんなもの見つけたのよ!」というのもOKです。お気に入りの写真を見せてくださるのもうれしいです。スカイプレッスンだから、と堅苦しく考えず、同じ時間を楽しく共有できるといいですね。こう考えるとtopicが無限にあるのが、フリートークの醍醐味かもしれません。

次回は、「あせらず効果的に表現力を高める」お話です。